海外旅行と言えばハワイ

世界遺産は、大きく分ければ、自然遺産と文化遺産の二つのものとなっています。

海外旅行と言えばハワイ

自然遺産と文化遺産

観光地としても有名となっている日本の世界遺産には、大きく分けて二つのものがあります。
これは、ユネスコが決定したカテゴリーであり、それに従っていると見なせます。
まず、一つ目が自然遺産です。
その名の通り、当該国にある自然環境の中から、遺産として十分なものが該当します。
二つ目が文化遺産です。
これは、その国の歴史を物語るような遺跡であり、歴史遺物が該当します。
日本であれば、お寺や神社などが該当し、過去の人々の営みなどを感じることができます。
以上、世界遺産の種類となりますが、これらのほか、負の遺産というものもあります。
日本であれば、原爆ドームが代表的であり、いわば反面教師のような形で、後世に伝えられるべき文化遺産と言えるでしょう。
なお、日本の自然遺産としては、知床や小笠原などが知られています。
観光地としても有名ですが、豊かな自然の恵みがあり、どちらも、日本らしい環境があると言えるでしょう。
また、文化遺産としては、やはり、京都が有名です。
かつての日本の都であり、歴史を学べば、必ず京都が出て来ます。
修学旅行でもお馴染みのところであり、多くの人が訪れながらも、世界遺産としての価値が高いとも言えるのでしょう。
もちろん、上記のものは、ほんの一例にしか過ぎません。
ほかにも、種々のものがあり、現在でも、申請が行われているところがあります。


Copyright(c) 2017 海外旅行と言えばハワイ All Rights Reserved.